枝葉末節にこだわると

支離滅裂な話をする人っていますよね。

たぶん本人の頭の中では筋が通って話をしているのではないかと思うのです。

ただ、話をしている途中で、あれも、これも、といろいろなことが頭に浮かんだり気になったりするので、聞いている方は話の筋が見えずにチンプンカンプンになってしまうのです。

いろいろな説明文を読んでいると、レベルの違いこそあれ、これと同様の現象が見受けられます。

話しの幹と枝葉がごっちゃになってしまっているようなケースです。

本筋の話題と付随的な話題を同じレベルで提示してしまうと、受け手は話の筋が見えなくなり、そのうち脱落します。

話をしたり文章を書いたりしているときは、いろいろなことが頭に浮かびます。

「こんなケースもある」「あんなことを経験した」

次々と連想ゲームのように浮かんできます。

これを次々と喋ったり書いたりすると、聞いてる人には支離滅裂と映ってしまいます。

枝葉は切り分けてメインストリームをしっかり提示するようにしたいものです。

←戻る