色は、それだけで言葉になります。

100の言葉より一つの色が雄弁な場合はよくあります。

もし色を使えるなら、これを活用するとわかりやすさは格段にアップします。

赤、黄色などは人の注意を喚起します。

青や緑は落ち着いて見せる効果があります。

大切なことは、色を使い過ぎないこと。

決め台詞と同じように、ここぞというところで色を使いましょう。

←戻る