読み手に解釈を強制しない

他人に読んでもらう文書を作るときは、相手がどう受け止めるかを考える必要があります。

自分だけの思い込みで作ると、相手は内容、意図、背景を類推して解釈に苦労するかもしれません。

我々が作る文書は多くの場合、小説や詩ではありません。

相手に理解してもらうことを目的としてものですから、相手が“解釈”に苦労しなくても理解できる必要があります。

一目でわかる、一回読めば理解できることを目指しましょう。

文章だけですべてを説明しようとせず、図なども積極的に使って一目でわかることも大切です。

わかりにくい点はないか、誤解される表現はないか、曖昧な点はないか、を点検しましょう。

読み手の立場に立って読み直す習慣を付けてください。

←戻る