細部にこだわる

詰めの甘い人、っていますよね。

せっかく時間を掛けて仕事をしたのに細部の仕上げが甘くて評価されないケースです。

分かりやすさもこれに似ています。

大枠はいいのに、細かい点にアラが見だつと分かりにくくなります。

人は対象物に信頼感を抱けば良い印象を持ちます。

逆に細かいアラが気になると、大筋は良くても悪い印象を持ちます。

誤字脱字が目立っただけで、その内容への理解度も低下するものです。

神は細部に宿る、という言葉もあります。

ちょっとした言葉遣いや表現にこだわることで、分かりやすさはグンとアップします。

←戻る