イメージで伝える

人が物事をよく理解できる条件として、イメージを「頭に思い浮かべる」ことができるかどうか、ということがあると思います。

発信側の人は、もちろん頭の中にイメージを作り上げた上で話したり書いたりします。

声や文字でそれを受け取った人が、同様に頭の中にイメージを思い浮かべられれば「わかった!」と思ってもらえます。

人は多くの場合、言葉で理解するのではなくイメージで理解するものです。

同じ経験を共有している人同士であれば、ちょっとした言葉で同じ情景が頭に浮かんできます。

年齢も経験も異なる人同士では、言葉から連想するイメージがまったく異なり、話しがチンプンカンプンということも起こります。

このため、何かを説明するときは、イラストや図を挿入したり、身振り手振りを交えることが効果的です。

相手が間違ったイメージを頭の中に構築しないように、言葉と共に視覚で誘導していくことが大切です。