日本一わかりやすい会社を目指して28年
IT専門マニュアル制作のワカール|東京
ご相談フォーム

『日本一わかりやすい社長のブログ』わかりやすい暦28年!何でもご相談ください!
ワカールFacebook
わかりやすい仕事、進行中
リンク
リンク
リンク

123

印刷

印刷の工程について教えてください

一般的なオフセット印刷では、次のような工程で印刷物ができあがります。

①入稿=DTPデータやPDFで入稿します。
②刷版=印刷用の版を起こします。この時点で間違いがないかどうか校正します。
③印刷=刷版を印刷機にかけて用紙に印刷します。
④断裁=通常は大きな用紙に印刷するので、これをカットします。
⑤製本=折り加工や綴じ加工をします。
⑥配送・納品

印刷用の入稿データには、いろいろと細かい条件がありますので、入稿前にワカールまでご相談ください。

1色、4色って何ですか?

印刷では、インクを多重に刷り重ねて色を表現します。
次のような印刷があります。

  • 1色=モノクロ印刷です。通常は黒インクだけで印刷します。文字中心。
  • 2色=通常は黒インク+もう1色のインクの2色で印刷します。
  • 4色=カラー印刷です。CMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)の4色のインクで刷るのであらゆる色を表現できます。
  • 4色以上=CMYKの4色インクにプラスして、特色と呼ばれるインクを使う特殊な印刷です。
印刷するときは何が必要ですか?

印刷用のデータをご用意ください。
通常はDTPデータになります。
InDesign、Illustrator、QuarkXpress、Wordなどのデータになります。
また、印刷用に作成したPDFでも印刷可能です。
データを入稿する際には、次の点にご注意ください。

  • フォント=埋め込む、アウトラインを取る、印刷会社に同じフォントがある。フォントが異なると正しく印刷できないので、この点はよく注意してください。
  • 画像=埋め込む、あるいはリンクされて一緒に入稿されている。元画像がないと正しく印刷されないことがあります。
  • 画像の解像度=印刷品質に適した解像度を持った画像が必要です。
  • トンボ=印刷領域を示すマークが付けられている。特に用紙の縁まで画像を印刷するような場合は、トンボが必要になります。
  • 印字見本=プリンタで印刷した見本を付けると間違いが少なくなります。
印刷用紙について教えてください

用途に合わせてさまざまな種類の用紙が用意されています。
一般的な用紙は次の通りです。

  • 上質紙=マニュアル等はこの種類の用紙が一般的です。
  • コート紙=カタログ等に使う光沢のある用紙です。
  • マット紙=カタログ等に使う落ち着いた雰囲気の用紙です。

手触り、見た目等、さまざまな用紙があります。ワカールまでお申し付けいただければ、用紙見本をご持参いたします。

また、用紙を指定する場合は、紙の厚さを決める必要もあります。
通常は「Kg」で表されます。これも用紙見本をご参照ください。

製本の種類について教えてください
よく使われる製本方法は次の2種類です。 中綴じ 用紙を2つ折りして重ねあわせ、中央部分をホチキスで止める製本です。20ページ程度までの冊子で使用します。 無線綴じ 用紙の背に糊を付けて固めて、これに表紙をくるむように貼り付ける製本方法です。 数百ページまで対応します。
何冊から印刷することができますか?

1冊から印刷することも可能です。
印刷方式により部数と費用の関係が変わります(ページ数とも関連します)。

  • オフセット印刷・ダイレクト印刷

    印刷用の版(刷版)を作成して印刷します。このため、少部数では割高になります。100部以下ではデジタル印刷のほうが割安になる傾向があります。

  • デジタル印刷

    刷版を作成しない無版印刷のため1部からでも印刷可能です。基本的な課金単位が1部単位なので、大量部数になると割高になります。500部を超えるような場合はオフセット印刷のほうが割安になります。

シールやステッカーの印刷はできますか?
シール、ステッカーの印刷も承っています。
モノクロ/カラー印刷、シール素材、表面加工、粘着強度、防水、耐候性、特殊加工など、シール、ステッカーにはさまざまな種類がありますので、ぜひご相談ください。
アメリカと日本では用紙サイズが違うと聞きました
現在、世界各国ではA4、A5などA列の用紙サイズが使われています。
よく使われるA4サイズに対して、アメリカとカナダなどでは「レターサイズ」と呼ばれる用紙サイズが使われています。
レターサイズはアメリカで規格化されたインチサイズの用紙です。
通常のA4サイズが210mm×297mmなのに対して、レターサイズは215.9mm×279.4mm(8.5インチ×11インチ)になります。
A4サイズよりも幅が若干広く、縦が短くなっています。
このため、アメリカのDTPデータを翻訳して使う場合やその逆の場合は、DTP上でサイズを変更し、場合によってはレイアウトを調整する必要が出てきます。
自分で作ったWordやPowerPointを印刷できますか?
Word、PowerPoint、ExcelなどのOfficeデータを印刷することもできます。
マニュアル一筋28年
まかせて安心!貴社に最適なご提案をいたします!電話03-6905-8561/FAX03-6905-8562
リンク

ページ最上部へ