としまものづくりメッセ初出展

2014年3月6~8日

3月6日(木)から3月8日(土)までの三日間、池袋・サンシャインシティ展示ホールB(文化会館4F)にて、豊島区やその近隣の地元企業が一堂に会する企業展示会「としまものづくりメッセ」が開催されました。


金属加工、伝統工芸、食品サンプル、玩具、アクセサリー、健康機具、食料品、OA機器、写真・映像、照明器具、ITサービス……など、様々な業種から105社・団体が参加しました。


6日・7日のビジネスデーには、ビジネスマンはもちろん、社会科見学で訪れた小学校~高校の生徒さんが走り回っておりました。また、付近にお住まいのご年配の方々も目立ちました。


金属加工、伝統工芸、食品サンプル、玩具、アクセサリー、健康機具、食料品、OA機器、写真・映像、照明器具、ITサービス……など、様々な業種から105社・団体が参加しました。


物販を行なっているブースでは「展示会価格」とうたい、お菓子や小物類などの安売りをして賑わっておりました。 特に子供たちに人気だったのが、ものづくりを学べる体験学習コーナー。エコバッグや名刺、食品サンプルなどバラエティに富んでいました。


今回は造幣局や消防署など地域の公的機関もブースを出し、記念コインの販売や防災装備の展示などを行なっておりました。


8日のファミリーデーは特にすごい賑わいで、子供から大人まで実にさまざまな方々が熱心に各社・団体ブースを見て回っていました。


また、会場にはこんなキャラクターも出て、子供たちの注目を集めていました。 豊島区広報イメージキャラクター 「としま ななまる」


としま未来文化財団マスコットキャラクター 「としまくん」 両方ともふくろうのキャラクターです。「豊島区=ふくろう」なんですね!


としまものづくりメッセは今年で七回目を迎えましたが、ワカールにとってはこれが初めての企業展示会でした。 仕事のあいまを縫って、 「どう『ワカール』をPRするか?」 「どうお客様にアプローチをかけるか?」 などをできる限り話し合い、準備をして臨みました。


今回はあくまでB to Bのつながりを拡げたいというスタンスでブースを設営しました。ですが閉会後の反省会では、「今度出展するなら一般客向けのコンテンツを盛り込もう」という意見が出ました。 《仕事でやっている》と考えると、コスト対効果を注視しなければなりません。ですが《来場客を楽しませる》という素朴な思いも、こうした場を成功させるエッセンスなのだと感じました。


(左から)伊藤さん、今村、更科、張 ワカールのブースには、三日間で約40名の一般客・ビジネス客がお立ち寄りくださいました。 この豊島区に「マニュアルを作っている会社」が、「翻訳をしている会社」があるんだ! ……そう認識していただけたなら、私達としては大きな一歩になります。 さて、伊藤さんは4月に弊社に入社予定の新顔です。今回、お手伝いに来てくださいました。 ありがとうございました! 4月からはチーム・ワカールとして、一緒に頑張りましょう! としまものづくりメッセの出展、当日の活動につきましては、印刷所などのパートナー様、 またブースがお隣やお向かいとなりました出展企業様のご協力・お気遣いを厚くいただきました。 この場を借りまして、誠にありがとうございました。

文責:今村(2014年3月13日)

株式会社ワカール

〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-38-6
エニータイムオオゼキ3F

TEL 03-6905-8561
FAX 03-6905-8562

ページの先頭に戻る