日本一わかりやすい会社を目指して28年
IT専門マニュアル制作のワカール|東京
ご相談フォーム

『日本一わかりやすい社長のブログ』わかりやすい暦28年!何でもご相談ください!
ワカールFacebook
わかりやすい仕事、進行中
リンク
リンク
リンク

123

←戻る

デジタルデータのローカライズ

ワカールでは、ドキュメントの翻訳だけでなく各種デジタルコンテンツのローカライズにも対応しています。

ホームページで使われるHTMLデータ、最近多くなっている各種のXMLデータ、ソフトウェアの説明などに使われるヘルプデータなど、多くのデジタルコンテンツが翻訳の対象になっています。

こうしたデータの多くは、タグと呼ばれる制御データと翻訳対象となるコンテンツが混在しており、対象部分だけを抽出して翻訳する必要があります。

タグ部分を変更してしまうと、データとしてはまったく使い物にならなくなるケースが大半なので最新の注意が要求されます。

ワカールでは、専用のCATシステムを用いて制御部分とコンテンツ部分を区分けし、コンテンツ部分だけを翻訳、レビューして、再び元のファイル形式に書き戻すことができます。

もちろん、通常の翻訳と同様に翻訳メモリーや用語ベースを適用できるので、質の高いローカライズをご提供することができます。

また、ソフトウェアやアプリなどのローカライズもワカールの取り扱いサービスのひとつです。

ソフトウェアのローカライズでは、お客様の開発体制に合わせて翻訳作業を行います。

よくあるケースは、ソフトウェアのUIストリングをExcelなどに記入されたテキスト形式でいただき、これをExcel上で翻訳して開発サイドに戻すという方式です。

また、特殊なCATシステムを使用して、実行形式のファイルのUIを直接ローカライズすることも可能です。

この場合は、翻訳者や編集者が画面上でUIを見ながら、文字数やレイアウトを調整していきます。

いずれのケースでも、限られた画面上でユーザーが使いやすく迷わないUIが作れるように、専門の翻訳者や編集者が適切な翻訳をご提供します。


←戻る

マニュアル一筋28年
まかせて安心!貴社に最適なご提案をいたします!電話03-6905-8561/FAX03-6905-8562
リンク

ページ最上部へ