料金・費用

わかりやすいトリセツを納得いただける費用で。

 

マニュアル制作にかかる費用

一般的な取扱説明書制作にかかる各費用ついてご説明します。

 

●企画/構成費

取扱説明書の目次レベルでの構成案、基本レイアウト、文章サンプルなど、マニュアルの設計に要する費用です。改訂などベースになるマニュアルがある場合は不要です。

 

費用の目安→0〜50,000

 

●原稿制作費

仕様書や試作機をベースに、実際に操作説明を書き起こす作業です。

通常は、テクニカルライターと呼ばれる専門家が一つ一つ操作しながら、ターゲットユーザー層が理解しやすい言葉で説明文を制作します。

 

費用の目安→原稿制作4,000〜10,000/1ページ

 

貴社のエンジニアが書いた原稿を、弊社で「リライト」してわかりやすい原稿にすることもできます。

 

費用の目安→リライト1,000〜3,000/1ページ

 

●イラスト/図版制作

説明用のイラスト、図を書き起こします。試作機を見ながら描いたり、写真や設計図を元に描くこともあります。

 

費用の目安→3,000〜20,000/1点

 

●DTP/レイアウト

制作した原稿とイラストなどをDTPでレイアウトします。

専用のDTPソフトを使うのが一般的ですが、MS-Wordなどのワープロソフトを使ってレイアウトすることもできます。

 

費用の目安→1,500〜10,000/1ページ

 

●印刷

最終形態が印刷の場合は、印刷費用を考慮する必要があります。

印刷部数、サイズ、色数(モノクロ/カラー)、製本形態などによりコストが異なります。

 

費用の目安→(例)B5サイズ、80ページ、モノクロ、500冊の場合=115,000円

 

●費用例

●ソフトウェア取扱説明書の新規作成

B5サイズ/40ページ/InDesinでレイアウト//画面キャプチャを貼込み/PDF納品

⇒約28万円

 

●ハードウェア取扱説明書の新規作成

A4サイズ/20ページ/InDesignでレイアウト/イラスト新規作成10点/PDF納品

⇒約24万円

 

●ハードウェア組み立て用マニュアル

A3サイズ裏表/Illustratorでレイアウト/イラスト5点/1色印刷500部納品

⇒約6万5千円

 

●修理用サービスマニュアル

A4サイズ/150ページ/MS-Wordでレイアウト/写真200点/PDF納品

⇒約73万円

 

●取扱説明書改訂

A4サイズ/200ページ(うち修正箇所は30ページ)/InDesignでレイアウト/PDF納品

⇒約13万円

 

翻訳にかかる費用

翻訳の費用は、基本的に原文の文字数(ワード数)により決まります。

 

●例

英語→日本語への翻訳

原文英語文書のワード数×翻訳単価=翻訳費用

200ワード×22円=4,400円

 

日本語→英語への翻訳

原文日本語の文字数×翻訳単価=翻訳費用

400字×12円=4,800円

 

●翻訳単価の目安

日本語→英語 12円/文字

英語→日本語 22円/ワード

日本語→中国語 12円/文字

日本語→韓国語 12円/文字

※難易度、特殊分野(法律、医薬、特許など)により単価が異なるケースがあります。

※ボリュームディスカウントがございます(英語の場合1万ワード以上)。

 

●翻訳メモリー活用による低コスト化

翻訳メモリーは、過去の翻訳資産を蓄積したデータベースです。

これを使うと、必要な箇所だけを翻訳することが簡単にできます。

弊社では翻訳メモリーを活用し、繰り返しご発注くださるクライアント様の翻訳資産を蓄積しています。

過去に翻訳した同じ文章を使っている場合や、似たような文書の場合でもこれをデータベースから引用して、最低限の翻訳量で済ませます。

これにより、翻訳費用を大幅に低減することができます。

 

Copyright 2018 C Wakarl.Inc. All Right Reserved.

お問い合わせフォーム

株式会社 ワカール

TEL:03(6905)8561/FAX:03(6905)8562

Email:info@wakarl.jp

〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-38-6

www.wakarl.jp

お問い合わせフォーム